高齢妊活サプリ

高齢妊活・出産が当たり前の時代になってきている!?

昔の女性は20代で結婚し、初めての妊娠・出産を経験する人が多かったですが、現代ではどうでしょうか?
近年、晩婚化が進み、女性の平均初婚年齢は年々上がり続け、それにともない初産年齢(第一児を出産する年齢)も上がり続ける一方です。

男性、女性共に毎年0.1~0.3歳ずつ結婚する年齢が遅れ、今後さらに平均初婚年齢と共に初産年齢もさらに上がると考えられます。

「結婚はまだ仕事が落ち着いてからでいいや」
「周りの友達もまだ結婚していないから焦らなくても大丈夫」
「結婚してしばらくは夫婦の時間を楽しみたい」
そう考えている人がとても多いように感じます。
社会全体で見ても、30歳で子供がいない女性は多く、私の周りでも20代よりも30代〜40代のママの方が多く、30代後半を過ぎてから妊活をする事が当たり前(普通)の世の中になってきているのかもしれません。

しかし、妊娠・出産にはリミットがあります!!

35歳を過ぎてからの妊活の現実・・・・

高齢出産が珍しくなくなった今、35歳を過ぎてから子供を妊娠・出産する人はとても多くなっています。
しかし、35歳を過ぎた女性が1年間で自然妊娠できる可能性はどれくらいかご存知ですか?

健康な20代~30代男女が、排卵日に性行為をして自然妊娠する確率はおおよそ20%前後だと言われています。
自然妊娠の確率は女性の年齢とともに下がり、35歳女性なら10~15%、40代前半女性なら5%、40代後半になると1%未満にまで落ち込みます。
さらに、女性が35歳を過ぎると妊娠の確率が下がる一方で、流産や胎児異常の発生率が上昇。例えば40代女性の場合、妊娠できたとしても約半数は流産してしまうのです。


表を見ても分かるように34歳までは20代とあまり差がありませんが、35歳を界に1年間に自然妊娠する確率・1周期あたりの妊娠率どちらも急激に下がっているのがわかります。
いくら外見が若く妊娠しやすい体質の人でも、加齢により卵子の質が低くなります。男性も女性と同様、加齢によって精子の質が低くなっていくので、20代同士の夫婦と比べると、40代同士の夫婦が自然妊娠できる確率はどうしても低くなります。
若い年齢だと妊娠しやすいですが、年齢が上がるにつれ妊娠しづらくなると言われています。女性の年齢が33〜35歳くらいを境に妊娠率が下がりはじめ、40歳を超えるとさらに妊娠率は下がり妊娠したくても難しくなります。

加齢による『卵子の老化』

みなさん『卵子』っていつから作られているか知っていますか?
生理のたびに作られていると思っている人もいるかもしれませんが、実は「女性の卵子は一生作られることはありません」
卵子のもととなる卵子細胞(原始細胞)と言われるものは、自分がお母さんのお腹の中にいる時にすでに作られているんです。
妊娠20周目(妊娠初期)までに700万個もの卵子細胞がいっぺんに作られます。
しかしその卵子細胞は生まれるまでに500万個も減ってしまい、すでに200万個の卵子細胞しか持って生まれてきません。
そしてさらにその数はどんどん減り続け初潮を迎える10代の時には20〜30万個までに減っているんです。

表を見ても分かるように20代、30代と子供を望む年齢になったときにはすでに20万個も卵子を持っていないことになります。

そして卵子は体内で作られることはなく、その数は加齢と共に減少していく一方です。
毎月排卵される卵子は1個だから、そんなに減っていないように思うかもしれませんが、実は1回の排卵でなんと約1000個の卵子細胞が消滅しています。つまり、1年間で1万2000個の卵子細胞が減っていることになります。

そして加齢による一番の問題が卵子の質が下がってしまうことです。
妊娠に理想的な若い卵子は透明な色できれいな円形をしているのに対し、老化の進んだ卵子は変色したり、楕円形などのいびつな形に変形しています。
変形している卵子は、受精しても受精卵にならなかったり、受精できても途中で成長が止まったり、着床しずらかったりと妊娠率が低下してしまいます。
また妊娠できたとしても初期流産や染色体異常になったり、生まれてくる赤ちゃんのダウン症のリスクが高まってしまいます。

このように35歳を過ぎると卵子の老化により卵子の質が下がることで妊娠・出産することがだんだんと難しくなります。
そのためいかに卵子の老化を防ぎ卵子の質を高め、妊娠しやすい体作りをすることがとても重要です。

卵子の質を高めるにはどうしたらいいの?

卵子の質を高め、妊娠しやすい体作りをするにはまずバランスの良い食事を心がけることが大切です。
しかし仕事など忙しい女性が多く、毎食栄養バランスの取れた食事をすることが難しいですよね。
そのため、3食の食事に加えサプリメントの活用をおすすめします。

今回は、卵子の質の改善におすすめのサプリを紹介します。

何度もお伝えしていますが、卵子の質を高めるためには卵子の老化を防ぐことが大切です。
私たちの体には約60兆個の細胞が存在し、その細胞1つ1つに数百から数千個のミトコンドリアが存在しています。
近年テレビなどでもミトコンドリアが取り上げられるようになりご存知の人も多いかもしれませんが、ミトコンドリアは寝る・食べる・運動するなどの生命維持や活動するためのエネルギー作り出すもので、簡単に言うと私たちが元気で生活を送るためのエネルギーの源です。
そんな私たち生活していくためには必要不可欠なミトコンドリアですが、実は年齢が上がると共にこのミトコンドリアの数が減り、元気がなくなってしまいます。

ミトコンドリアの元気がなくなれば、卵子そのものの機能が低下することに繋がり、精子が受精できたとしても染色体の異常で受精卵の分割が止まってしまい妊娠できなかったり、妊娠できたとしても、初期流産しやすくなってしまうなど不妊の大きな原因になってしまいます。
そのため、卵子の質をあげるためには、卵子の中のミトコンドリアの量を増やし、活性化させ元気にしてあげる必要があります。

そこでオススメしたいのが「シンゲンメディカル株式会社」が販売している『ミトコア』です。
「ミトコア」には、イースタティックミネラルやオリーブ葉抽出物、ジオスゲニン配糖体、アグリコン型イソフラボンという4つ成分が配合され女性だけではなく男女共に妊活をサポートします。
しかも成分だけでなく胃酸の影響を受けにくい腸溶カプセルなので上記の妊活の有効成分を腸まで届けることで、胃酸などによる影響を受けずにミトコンドリアに直接はたらきかけるため効果を最大限に発揮するというすぐれものです。
ミトコアは一日たった3粒!たった3粒で体内のミトコンドリアを活性させる成分を手軽に摂れるんです。
またミトコアは妊活効果だけでなく若返り効果も期待できるので女性にぜひ飲んでもらいたいサプリです。
細胞から体質改善をし妊娠したい。夫婦でを飲んで若がえりをしたい。そう思っている人にはとてもオススメです。

そんなミトコアですが、お値段で躊躇してしまう方も多いかもしれません。
しかし4週おき定期購入コースで購入すると50パーセントOFFで半額!の9,000円!
2回目以降も15パーセントOFF!とお財布にも優しい価格設定です。
効果の実感は早い方で使用後1~2週間程度、平均で1ヶ月程度で体質の変化を実感される方が多いようなので、からだの細胞から若返り効果を試してみたい方はぜひ一度お試しで4週おき定期購入コースでご購入してみてくださいね。

卵子は1日1日少しずつ老化が進んでいます。
妊娠したい。子供が欲しい。妊活する。と決めたら、のんびりせずにすぐに行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です