妊活サプリに葉酸!

妊活ビギナーの三十路の筆者ですが、妊活のスタートは取り敢えずスマホの検索で「妊活」と調べて様々な妊活の知識を増やしていました。

個人的には占いとかスピリチュアル系がワクワクするので、全国の子授け神社での神頼みや妊活ジンクスも好きなのですが、調べたところ妊活をはじめたら真っ先にするべきことは、

  • 婦人体温計による基礎体温の計測&紙の基礎体温表に記入
  • 妊娠しやすいからだ作り

・・・が大事だというのがわかりました。

なぜ基礎体温表がアプリの画面などではなく紙のほうが良いのかというと、婦人科でお医者さんに基礎体温を見てもらうときに、お医者さんは紙で書かれた方が見やすく判断しやすいいからだそうですよ。
個人的にはアプリで管理するほうが楽なので、時間があるときに紙の基礎体温表に写しています。

もう一つの妊娠しやすいからだ作りですが、「妊活」のキーワードで検索すると予測変換で「妊活 サプリ」と出てきました。「妊活 サプリ」の次は「葉酸」と出てきたので、葉酸と聞くと妊娠初期に摂取しないといけない栄養だと思っていたので、葉酸が妊活にも良いことや市販や通信販売などで妊活に効果のある葉酸サプリがたくさんあることに驚きました。

気になったのでなぜ葉酸が妊活に良いのか、妊活に効果のある葉酸サプリのおすすめをご紹介します。

葉酸って?

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種で細胞の生成や再生を助ける働きあったり、代謝に深く関わっているため、からだの細胞を新しくするために必要な栄養素です。

また、あまり知られていませんが赤血球の生産をサポートする働きもあるため別名「造血ビタミン」とも呼ばれており、毎月月経があるため貧血になりやすい女性にとっては積極的に摂取すべき栄養です。

厚生労働省や産婦人科学会は、妊娠初期から葉酸を摂取することを推奨しています。

妊娠時に葉酸が不足するとどうなるの?

胎児の神経管が発達する妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害が発生するリスクが高まります。

神経管閉鎖障害は脳の一部や全部が欠損している障がいの無脳症や、からだの麻痺などの症状が出る二分脊椎といった病気の原因になります。
上記の無脳症と妊婦検診で診断されたら、お外の世界では胎児は生きていけないことが多いので妊娠中断を勧められます。悲しい思いをしないためにも、葉酸は積極的に摂取してくださいね。

二分脊椎や無脳症の他にも、唇や上顎部分がくっついていない口唇裂、口蓋裂、口唇口蓋裂も、葉酸を摂取することでリスクを減らすことが出来ますよ。
こちらの障がいに関しては、最初は赤ちゃんのお顔にビックリするかもしれませんが、予後はとても良く、何度か手術をしないといけないですがパッと見ても分からないほど綺麗になります。

葉酸の働きが妊活にどう効果があるの?

葉酸の働きが妊活にどう良い効果をもたらすかは、上記の説明ではよくわかりませんよね。
調べてみた妊活の効果を出来るだけわかりやすく説明してみます。

細胞を生成する働きが子宮内膜に着床した受精卵の成長を促し、赤血球の生産をサポートする働きが、受精卵が着床しやすくなるように子宮内膜の厚みをふかふかにさせます。

一般的に妊娠が成立するためには子宮内膜の厚さは、最低でも6mm、出来れは8mm以上必要と言われており、利用的な子宮内膜の厚さは10mmで15mm以上になると高い妊娠率になると言われています。

妊娠率も子宮内膜が8mmだと約50パーセント、倍の16mmになると約80パーセントにまで上がります。

たった数mmの子宮内膜の違いが妊娠出来るかどうかを左右するので、月経があるため慢性的に貧血になりやすい女性が妊娠を望むのならば、造血ビタミンの葉酸は積極的に摂取しましょう。

しかも、胎児の神経管閉鎖障害などの障がいのリスクについても、妊娠初期の葉酸の摂取が望ましいとよく聞きますが、実は妊娠初期は初期でも妊娠検査薬で妊娠が判明する前の着床してすぐの細胞分裂が一番活発な頃が葉酸を一番摂取しておきたい頃なんですよ。

妊娠が判明するのは早くて妊娠4週から5週なので、それから葉酸を摂取しても遅くはありませんが、妊娠を望んでいる妊活中の方であれば、出来れば妊娠する1ヶ月以上前から
葉酸を摂取することが望ましいので、妊娠を望み始めたら一番に葉酸を摂取してくださいね。

葉酸は野菜から?サプリから?

厚生労働省や産婦人科学会は、妊娠を望む女性や妊婦さんは400µg以上の葉酸を摂取するように推奨しています。
この厚生労働省が摂取を推奨している葉酸は「モノグルタミン酸型葉酸」で、直接野菜から摂取する葉酸ではなく、サプリから摂取することの出来る葉酸です。

直接野菜を食べて摂取する葉酸は「ポリグルタミン酸型葉酸」と言い、熱や水分に弱く、保存も長いこと出来ません。
しかし、サプリで摂取できる「モノグルタミン酸型葉酸」は、「ポリグルタミン酸型葉酸」に比べ吸収率も高く、約2倍もの吸収率なのです。

実は野菜を食べて得られる「ポリグルタミン型葉酸」は体内で「モノグルタミン酸型葉酸」に変化してから吸収されます。

天然が一番!と思われる方が多いかもしれませんが、葉酸に関しては是非サプリから摂取してくださいね。

妊活に効果ありのおすすめの葉酸サプリは?

たくさん調べて一番オススメだと思った葉酸サプリは「ベルタ葉酸サプリ」です!
葉酸はもちろん吸収率の良い「モノグルタミン酸型葉酸」が400µgが含まれている他にも、葉酸とともに貧血予防や子宮内膜を厚くするために必要な鉄分や、不足しがちなカルシウム、ビタミンやミネラル27種、アミノ酸20種、野菜21種、女性にうれしい美容成分(なんと、ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲン、プラセンタ、ツバメの巣、黒酢もろみ、珊瑚カルシウムの6種類も!)が含まれています。

一日に約0.9cmの小さい錠剤をたった4粒飲むだけで重要な葉酸以外にもたくさんの栄養が摂取できるのが、おすすめポイントです。

公式サイトの定期購入コースだと毎月2,000円OFFの3,980円で送料無料なので、一日あたりたったの133円程なので、ジュースを1本買うようなお値段で様々な栄養を摂り続けられるのがうれしいです。
葉酸と鉄分、葉酸とカルシウムなどの組み合わせの葉酸サプリはよくありますが、これだけたくさんの栄養が摂れるのはなかなかないですよ。
色々なサプリを組み合わせると栄養のとりすぎになったり、ひとつひとつは安いサプリの組み合わせでも良い値段になるので、ひとつでオールインワンなのは、お財布にも優しいです。

不妊治療をすると諭吉さんがあっという間に飛んで行くことを思えば、妊活以外にも健康と美容にも効果のある栄養が摂れる「ベルタ葉酸」が一番だと思いました。

あと、わたし自身少々心配症ぎみなのですが、不安なことはフリーダイヤルですぐに答えてもらえることもとってもありがたかったです!

最後に

葉酸は健康や美容のアンテナ感度の高い芸能人でも、妊活をしている人は積極的に摂取しているようです。

不妊治療を公言されていた芸能人の方だとタレントの保田圭さんや川崎希さんで、病院での不妊治療とともに葉酸を積極的に摂取しつつ、念願の妊娠をされていました。

月にたった1度しか無い排卵なので、少しでも高温期が続くと「出来た!?」と期待して「妊娠超初期症状」とドキドキしながら調べたり、フライングで妊娠検査薬を試したり、いざ体温が下がってしまったりリセットになると本当に泣いてしまうほど落ち込んでしまう、気分がジェットコースターのような妊活ですが、ご自身のからだを信じて、葉酸サプリを摂取して赤ちゃんの授かりやすいからだにしながらチャレンジしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です