妊活サプリで着床

妊娠のメカニズムは、卵巣から卵子が排卵され卵管の先にある卵管采(らんかんさい)に向かいます、卵管采に卵子が留まって生きているのは約24時間程しかありません。

その24時間の間に精子が卵管に向かい卵管にいる卵子と合体することで受精となります。しかし、受精したからといって妊娠ではありません。

精子を受精した卵子は受精卵となり、幾度もの細胞分裂をしながら約1週間から10日ほどかけて卵管から子宮に向かいます子宮に着床します。着床してはじめて妊娠なのです。
妊娠後は受精卵が、胎芽になり胎児になり大きく成長していきます。

気をつけないといけないのが、受精卵が着床してもすぐに剥がれてしまい妊娠が継続にならないことがあります。医学的には流産とカウントはしませんが、一般的に化学流産と呼ばれているものです。

例えば「あれ?今月は予定より生理が遅れているな?と思っていたら、遅れて生理が来た!」というようなときや、「今月は基礎体温の高温期が続いているから妊娠検査薬をフライングしちゃおう!やったー!薄いけど陽性!でも数日後に基礎体温が下がってきて生理が・・・」というようなときに化学流産の可能性があります。

化学流産は、昔はただ生理が遅れていただけと気づかずスルーされていることが多かったのですが、いまは妊娠検査薬の精度が上がったり、妊娠検査薬のフライングによって気づくことが多くなりました。一瞬だけでも着床するだけで妊娠中に出るホルモンが分泌されるため、妊娠検査薬に反応するのです。

着床後に受精卵がはがれてしまう原因の多くは、受精卵の染色体異常などです。人間も動物なので自然淘汰のため染色体異常などリスクのあるの受精卵は育たなくなり妊娠の継続ができず残念な結果になってしまいます。

しかし、染色体異常による着床継続が出来ない以外にも、受精卵が着床した子宮内膜の質が悪く着床が継続しない場合もあります。

一般的に排卵日にパートナーとスキンシップをしたとしても、1回あたりの受精率は約10~20%、そしてその受精卵が子宮に着床する確率である着床率は約20~30%という低い確率です。

今回は、その低い確率を少しでも高くして妊娠率、受精率、着床率、妊娠継続率を上げるからだにするために必要な栄養素を調べてみました。

着床率、妊娠率を上げるのはこの栄養素が大事!

妊娠しやすいからだ、妊娠が継続しやすくなるからだにするために積極的に摂ってほしい栄養素を紹介します。

一緒に摂ると効果UPのビタミンB群!葉酸もビタミンB群の一種です!

妊娠=葉酸とイメージされるほど葉酸の働きが認知されていますが、葉酸の摂取は妊娠してからだはなく妊娠をする前こそ大事なことはご存知でしょうか?

葉酸はビタミンB群の一種で、細胞の生産や再生を助け、からだの発育を促す働きから妊娠前から積極的に摂取することで受精卵の正常な細胞分裂をサポートし、胎児の先天性の障がいのリスクを減らします。

葉酸がリスクを下げる先天性の障がいとは神経管閉鎖障害で、生涯にわたってサポートが必要なことが多い二分脊椎症と妊婦健診で診断された時点で妊娠中断の判断をしないといけない無脳症です。

どちらの病気も診断された時点でどんなに熱望して待ちに待った赤ちゃんでも諦める方がいる重篤なものです。しかし、葉酸の摂取をすることで約70パーセントもリスクを下げるという研究結果もあるほどの効果があるのです。

注意していただきたいのは、葉酸は葉酸でも食べ物から摂取する天然葉酸のポリグルタミン酸型葉酸ではなく、吸収率が良い合成葉酸のモノグルタミン酸型葉酸ということ、合成葉酸のモノグルタミン酸型葉酸を400μg毎日摂取すること、神経管閉鎖障害は妊娠に気づく前の受精卵が細胞分裂をする妊娠2週目から5週目に必要なので妊娠前からの摂取が大事です。

また、葉酸には造血作用から貧血を防いだり、血液を作る働きで血流が増え、血流が増えることによって受精卵が着床する子宮内膜を厚くし着床しやすい環境にします。

葉酸には受精卵の正常な細胞分裂を促し自然淘汰のリスクを減らしつつ、受精卵の着床を促す妊娠前こそ必要な栄養素です。

しかし、葉酸だけ摂るよりも同じビタミンB群を摂取することで、葉酸の働きが最大限に活かすことが出来ます。

特に葉酸のサポートには、筋肉や血液をつくるときに必要なビタミンB6と葉酸の再生成に関わる酵素の働きをサポートするビタミンB12が大切です。

是非葉酸の摂取のときにはビタミンB群も一緒に摂ることを心がけてください。

別名子宝ビタミンや妊娠ビタミンのビタミンE

ビタミンEは子宝ビタミンや妊娠ビタミンとも呼ばれるほど妊娠に関係したビタミンです。

その理由は、高温期に分泌され子宮内膜を厚くして着床を促す役割があり、妊娠ホルモンとも言われる黄体ホルモン(プロゲステロン)の原料となるのがビタミンEだからです。

ビタミンEを摂取すると子宮内膜の質が良くなり、着床率、妊娠継続率共に高くなったとの研究結果もあり、妊娠を望む女性には葉酸とともに積極的に摂取したい栄養素の1つです。

着床率、妊娠率を上げる栄養素がバッチリ摂れる妊活サプリはコレ!

そんな葉酸を含むビタミンB群とビタミンEが一緒に摂取できる妊活サプリが「マカナ」です。

吸収率がよく厚生労働省が摂取を推奨している合成葉酸のモノグルタミン酸型葉酸を400μgの他に、ビタミンB6が2.5mg、ビタミンB12は24.1μg、妊娠ビタミンのビタミンEhaたっぷり22.9mg摂取することが出来ます。

その他にも、アンチエイジングに効果のある抗酸化作用が高いビタミンCや貧血を防ぐ鉄、葉酸のサポートをする亜鉛などたくさんのビタミン・ミネラルが含まれています。

「マカナ」には、ビタミン・ミネラルなどの栄養の他に、栄養価が高く高品質なホルモンバランスを整える日本産マカ、必須アミノ酸を含んで栄養素がとても高いスーパーフードのスピルリナ、妊活の大敵冷えを予防する金時しょうが、ストレスが良くない妊活中のイライラ対策に効果があるGABA、人間にとって欠かすことの出来ない必須脂肪酸のDHA・EPA、アンチエイジング効果で妊活中の方におなじみのルイボスティー、毎日の食生活では不足しがちな野菜22種類もギュッと詰まっています。

高品質の原料を使って50種類以上もの栄養成分を含んだマカナは、専門家が過不足ないようにバランス良く配合しているため、たくさんの栄養が必要な妊活中にもマカナだけで栄養が摂取できるように開発・製造されたオールインワン妊活サプリです。

ご自身も不妊治療をして妊娠出産をされた不妊専門クリニックの現役産婦人科医も推奨していますし、妊活中や妊娠中といったデリケートなからだにも安心して飲み続けられる、香料、着色料、保存料が無添加なのも魅力的です。

値段は定価6,580円と市販の妊活サプリよりも高いですが、公式サイトから定期コースで購入したら初回40パーセントOFFの3,980円、2回目以降は5,980円とお得に購入できます。

定期コースの回数縛りがないので1回だけお試しも可能です。

販売個数30,000袋突破し定期コースの回数縛りがないのにリピート率86パーセントと高いこともマカナの妊活サポート力が高いからです。

また、男性の精力増進や精子の質や運動量、奇形率を改善する日本産マカが含まれているのでパートナーと一緒に飲むことでより妊娠力がアップするため、パートナーも一緒に飲む場合だともっと価格が安くなり、1袋あたり一番安い初回43パーセントOFFの7,460円、2回目11,460円で購入できるご夫婦協力コースもあります。

まとめ

妊娠するためには、受精率、着床率、妊娠継続率を高くすることが大事です。そのためには妊娠しやすいからだ、妊娠を継続しやすくするための葉酸を含むビタミンB群と妊娠ビタミンのビタミンEが必要です。

大事な栄養素を1つの妊活サプリで一緒に摂ることで体の中から妊娠しやすいからだ作りに効果的です。

パートナーと一緒にマカナを摂ることで精子の質も上がるので受精率も上がるので、一緒にマカナを毎日飲んで妊娠率を上げてください。