10代から婦人科へ通っていた女性が選ぶ妊活サプリランキング

今回は10代から不妊症治療を行い、20代で妊娠し、現在は3人のお子さんを持つママさん(Wさん)へアンケートを行い、その不妊症体験から妊活におすすめのサプリメントを選んでいただきました。

実際の体験からの妊活サプリを選定していただいているのでとても参考になります!

それではどうぞ!

10代からホルモンバランスがおかしく、男性以下の女性ホルモン量だったり多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)で無排卵月経のため、妊娠するまでの10年近く毎月婦人科でホルモン療法(カウフマン療法、中用量ピル、低用量ピル、排卵誘発剤など)をしていたわたしの独断と偏見の妊活サプリランキングです。

ランキングにあたって、お金にシビアでおまけが好きな典型的な関西人タイプなので、妊活効果>含まれている成分>続けやすい価格の順で考えてみました。

第一位!ママナチュレ葉酸サプリ

女性側の不妊原因の中でも多くを占める多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)に効果のあるピニトールを配合しているのがうれしいです!

多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)の特徴である月経が不規則や毛深い、ニキビが多い、太りやすいというのは女性にとって本当に辛いのでピニトールの効果で改善されるのは、現在多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)に悩んでいる女性にとってありがたい情報だと思います。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)に効果のあるピニトール以外にも、妊活効果で有名なマカや胎児の先天性の障がいを防ぐことが出来るモノグルタミン酸型葉酸も400µg、普段の食事では十分に取れないビタミンやミネラル、過敏性腸症候群のわたしにとってうれしいお腹の調子を整える乳酸菌、鉄分、他にも美容やアンチエイジングで有名なルイボスや大豆イソフラボン、ザクロエキスが入っているのもポイントが高いです。

定価の価格は少し高いですが、上記の成分をたった3粒で摂ることが出来て初回3,980円、二回目以降は4,980円の定期購入だとまだ手が出やすく、妊活以外にも美容と健康にも効果がある栄養が色々とれるのならば納得して購入できそうです。

第二位!ウムリン

妊活にとって卵子の質はとても大切だと思うからです。
卵子の質が悪ければ、まず卵子が成熟されずうまく排卵されない可能性もありますし、排卵されても受精、着床、着床後の細胞分裂が上手くいかない可能性があります。

運がよく着床して妊娠継続しても、染色体異常などの何か問題があれば自然淘汰されて流産や死産、先天性の障がいを持った子供がうまれる場合があります。

流産だといくら卵子に問題があって自然淘汰でしょうがないことだとしても、心にダメージを受けますし、流産手術の掻爬手術であっても自然流産待ちであっても体にもつらいです。また、流産後は1度か2度は生理を見送ってから妊活再開を指示されてお休み期間ができるのも、一日でも早く我が子を抱きたいと願っている妊活中の方にとっては長い時間だと思います。

1ヶ月に1回しかチャンスのないヒトにとって、医学的にも卵子の質を上げると言われるウムリンを摂取することは、終わりの見えない妊活の時間を少しでも短くする可能性が高いと思いました。

ウムリンは少しお値段が高いですが、一日二袋ウムリンの液体を好きなもので割って飲めるのも自分好みの飲み方が出来、その飲み方に飽きても他の飲み方を試せるのでジュースなどの嗜好品のようなので、錠剤でいかにもサプリメント!なものよりも、プレッシャーを感じることが多い妊活にとって精神面でも良さそうです。

第三位!マカナ

通常のマカよりも栄養分が高い日本産マカやモノグルタミン酸型葉酸400μg、スーパーフードのスピルリナ、鉄、ビタミン、金時しょうが、GABA、ルイボスティー、DHA・EPA、野菜22種類など、公式サイトでも言っているようにオールインサプリなのが高評価です。

男性だけでなく女性でも妊活に効果があると言われているマカが入っていますし、妊活中にとって冷えは大敵なので冷え対策に金時しょうが、イライラしがちの生理前にも効果の高いGABAが含まれているのもうれしいです。

お値段は送料込みで定期購入だとお安くなって3,980円でチャレンジしやすいですし、定期購入の回数制限がないのはかなりありがたいとおもいます。

第四位!ベルタ葉酸サプリ

通信販売の葉酸サプリでは雑誌やネットで有名なベルタ葉酸サプリは、人気なだけあってたくさんの成分が入っており、妊活だけでなく美容や健康にも効果がありそうなのが良かったです。

モノグルタミン酸型葉酸400μgの他にも、ビタミン・ミネラル、鉄分、アミノ酸、カルシウム、野菜、美容成分も入っているので、同じお値段でもお得感があるところが好印象です。

他のサプリメントに比べて鉄が20mgと多く摂れるのは貧血がちな女性にとって嬉しいですし、人気なだけあってネットで口コミがたくさんあるのも沢山の人が購入している証拠で安心感があります。

お値段も定期購入で3,980円なら様々な成分が入っていることを考えると比較的リーズナブルなので購入しやすいです。

第五位!ママニック葉酸サプリ

モノグルタミン型葉酸400μgの他に、鉄や亜鉛、カルシウム、乳酸菌、ビタミン・ミネラル、野菜、美容成分が入っていることと定期購入だと他の妊活サプリよりもお得な3,500円というお値段なので選びました。

15日間の返金保証も市販のサプリメントよりも高いので、もしも合わないときでも信頼できて良いと思いました。

まとめ

妊活に効果があるのは大前提ですし、せっかく飲むならプラスαで美容と健康にも良いほうがうれしい、主婦としては出来るだけ安いほうがありがたい!という考えで勝手にランキングしてみました。

個人的にわたし自身が多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)で長年婦人科通いをしていたので、多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)に効果のあるというピニトールは何年も通院していた頃に知りたかったです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOSまたはPCO)は妊活中の方でも悩んでいる方が多いと聞くので、効果のあるピニトールを配合したママナチュレ葉酸サプリを一位にしました。

ウムリンも卵子の質を上げるという面で、妊活するには卵子が良くなくてははじまらないので二位にしました。

三位以下は悩みましたが、妊活中は胎児の先天性の障がいのリスクを下げるという面で葉酸が必須と思いモノグルタミン酸型葉酸を400μgが含まれた妊活サプリメントを選びました。

三位のマカナは、妊活に効果のある日本産マカが含まれているオールインサプリのため、四位のベルタ葉酸サプリは鉄分が他のサプリより豊富な点と美容成分がたくさんとれる点で、五位のママニック葉酸サプリは様々な成分が入っているのに他のオールインワンサプリよりも価格が少しだけお手頃なので選びました。

わたしの身内で先天性の胎児の障がいで死産になってしまった人がいます。幸いにも次の子に恵まれましたが、赤ちゃんの障がいの診断後も入院中も、妊娠するときも、次の子を妊娠中もずっと妊婦さん本人は見ていられないほど憔悴しきってしましたし、周りもとてもとても悲しい思い、辛い思いをしました。
そんな悲しい思いをする方がひとりでも減ってほしいと思い、妊活サプリメントとして葉酸が含まれているものをランキングに入れるようにしました。

・・・ちなみにベジママもピニトールが入っているのですが、ママナチュレよりピニトール保有量が少ないことと、プラスαの健康と美容成分が少なめなのに価格が他よりも高いのでランキング外にしました。
価格が高いのであればもっともっとプラスαのおまけの成分がほしいと思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です