妊活で体を温めるサプリで冷え解消!

「手足が冷たい」「平熱が35度代」「基礎体温が低く高温期でも36.8度以上にならない」
このような悩みはありませんか?
どれかひとつでも当てはまった人は体が冷えている可能性が高いです。

『体が冷えている(冷え性)=妊娠しにくい体』と言われています。
体が冷えていると妊活に様々な悪影響を及ぼします。

冷え性による悪影響

冷え性の女性の子宮や卵巣は、そうでない人に比べると冷えてしまっています。
その原因は卵巣や子宮には優先的に血液が送られないからです。
卵巣や子宮といった生殖器は心臓やその他の臓器と違い、直接生命維持には関係ありませんよね。
そのため、体が冷え血流が悪くなると体はまず生命維持に欠かせない役割をもつ臓器に優先的に血液が送られてしまいます。
その結果、生命維持に関係のない子宮や卵巣には血液が充分に送られず冷えやすくなってしまいます。

卵巣機能の低下

排卵前の卵子を育てているのが卵巣です。
卵巣が冷えているということは充分な血液が送られていないということです。
卵巣に充分な血液が送られなくなると、卵巣本来の機能が低下し、食事などから卵子に良いと言われる栄養を頑張って摂っていてもその栄養は充分に運ばれなくなってしまいます。
それにより、成熟した健康な卵子が育たなかったり、排卵しなかったり、不妊治療で薬を使っても卵胞は育ちにくくなってしまいます。
毎月排卵日前後に夫婦関係を持っても、健康な卵子が育ち排卵されなければ妊娠は難しくなります。

子宮内膜が厚くならず着床しにくい

子宮は毎月妊娠できるように準備をしています。
卵子が排卵されると黄体ホルモンの分泌が活発になり、子宮にたくさんの血液が流れこみます。
それにより赤ちゃんを迎えるための子宮内膜が育っていきます。
しかし、子宮が冷え血流が悪くなっていると、フカフカな子宮内膜ができません。
受精卵が子宮に着床するためには充分な厚みの子宮内膜が必要です。
卵子と精子が出会いせっかく受精卵ができたとしても、子宮内膜が薄いと着床しずらく結果的に妊娠しにくくなってしまいます。
またたとえ着床できたとしても初期流産になりやすくなってしまいます。

このように子宮や卵巣が冷えてしまっていると妊娠することが難しいのが現実です。
妊娠率をあげるためには子宮や卵巣を温め、体全体の冷えを改善してあげることが重要です。

冷え性改善の方法

体の冷えを改善するために有効とされている方法をいくつがご紹介したいと思います。
体の冷えを改善には外からと中から両方から徹底的に温めることが大切です。

3つの首とお腹周りを温める

まず、外からの冷えを改善しましょう。
妊活のための冷え対策としてオススメなのがお腹周りと3つの首です。
卵巣や子宮があるお腹周りは一番に重要な部分で、ここを温めることは大切です。
冬に腹巻をする人は多いですが、暑い夏でも腹巻を巻いてあげましょう。
また冷える時期には腹巻の上からホッカイロを貼のがオススメです。

それから3つの首もしっかりと温めてあげましょう。
3つの首とは「首」「手首」「足首」です。
ここには太い動脈が通っていますが、皮膚が薄いため気温などの影響を受けやすい部分です。
そのためここが冷えると、冷たい血液が体をめぐり、全身が冷えてしまいます。
よく言うと逆にここを温めてあげると血行が良くなり温かい血液が全身に流れるため冷えを改善することができます。
夏場でも首が冷えすぎないようにカーディガンを羽織ったりストールを巻いてあげるなど一枚着せてあげましょう。
手首もアームウォーマーで温めてあげたり、足首は靴下やレッグウォーマなどで冷えないように工夫してあげましょう。
またこまめに首や手首、足首をストレッチしたり回してあげるだけでも血行がよくなり体が温まりますよ。

夏でも冷え対策をする

「体の冷え=冬」と思われがちですがそれは間違いです。
実は冬よりも夏の方が体は冷えやすいんです。
夏は外が暑いので半袖など薄着になりがちですよね。
しかし、冷房の効いている電車やお店などに長時間いると、体は知らず知らずのうちに冷えてしまっています。
また暑いからと行って冷たいものを冷房が効いている場所で食べたり飲んだりしていると、ますます体は冷えてしまいます。
そのため夏こそ油断してはいけないんです。
妊活中なら夏の時期でも冷え対策が重要です。
なるべく肌の露出は控え、冷房の効いた場所に行く時には一枚羽織れるカーディガンやひざかけなどを持ち歩くようにしましょう。
この時にも3つの首はなるべく露出せず温めてあげることが大切です。

ヨガや適度な運動

妊活中に適度に体を動かしてあげることは大切です。
特にオススメなのが、ヨガやウォーキングなどで、ゆっくりと呼吸をしながら体をほぐし血行を良くしてあげることで全身に温かい血液が送られるようになります。
またヨガには子宮や卵巣周りをほぐし温める動きなどもあるため、妊活中の人にはとてもオススメです。
ヨガに行きたいけれど時間がないという人は毎日40分程度ウォーキングするだけでも効果はありますよ。

体を温める食材を摂る

妊活中栄養を気をつけている人は多いと思いますが、体を温める食材を意識して摂れていますか?
ここでは体を冷やす物と体を温める物を簡単にご紹介します。

体を冷やす物

・白色、緑色、青色など寒色の食べ物
・甘い、酸っぱい味の食べ物
・夏に収穫される食べ物
・沖縄や鹿児島など暖かい地域で育つ食べ物
・柔らかくて大きいもの(野菜)
・地面の上で育つもの(野菜)

体を温める物

・黒色、赤色、黄色、オレンジなど暖色の食べ物
・渋い、苦い、塩辛い味の食べ物
・秋や冬に収穫される食べ物
・東北や北海道など寒い地域で育つ食べ物
・硬く小さいもの(野菜)
・地面の下で育つもの(野菜)

このようになっています。
妊活中には生野菜やパン、甘いものなど体を冷やすものを極力避け、根菜や寒い地域で育つ食材を積極的摂るようにしましょう。
また体を温める効果のある生姜ですが、生よりも火を通してあげたり乾燥生姜にして料理に加えてあげるほうが効果が高まります。

体を温め妊娠しやすい体つくりのためには『石榴de檸檬』がオススメ

妊活中に実感! 「温果実+酵素のチカラで「基礎体温UP!」

通販で買える「授かりドリンク」として女性誌で大人気の妊活用酵素ドリンクです。
妊活中はもちろん妊娠・産後の体のサポートに♪
日本初!酵素化し温果実が妊活の敵「冷え」を改善し、女性ホルモンの巡りを整えます。
3ヶ月で授かったという口コミも…。

6冠達成の実力ドリンク

908名におこなった妊活サプリアンケートで、
①人気②満足度③信頼④安心・安全⑤価格⑥価格に対する効果力の
6項目で第1位を獲得!!
多くの人に愛用されている酵素ドリンクです。

石榴de檸檬の効果

『国産若摘みザクロ』と『国内産青レモン』のダブルパワー!

▪️ザクロの種子中には卵子の成長を促すエストロゲン (女性ホルモン)と同じ働きをするエストロンが含まれてます。
またザクロに含まれる「エラグ酸」はポリフェノールの一種でサビから守る作用が強く、 体中の細胞を活発にします。
若々しく元気な卵巣・卵子のために大切な成分です。
果肉だけではなく、種子や皮の部分もしっかり酵素化して配合しているのがポイント。

▪️青レモンには血流を改善する成分「ヘスペルジン」が含まれており、その量はミカンの3倍以上。
国内産の青レモンは希少価値が高く安心・安全です。

石榴de檸檬にはザクロと青レモン以外にも
・古くから「子宝の象徴」と言われ、普通のぶどうの約10倍ものポリフェノール、3倍の鉄分、4倍のビタミンCを含む『国内産山ぶどう』
・滋養強壮&腸スッキリ!正しいサイクルを取り戻し、巡る体で授かる準備を整える効果が期待でき滋養豊かな『山野草 ファイトケミカル』
も酵素化して配合されています。

1日1杯!夫婦でお飲みいただくことがオススメです♪
石榴de檸檬で血の巡りを良くしポカポカ体を目指しましょう。