妊活サプリにはホルモンバランスを整える物や、胎児の先天性の障がいを防ぐ葉酸が含まれていたり、鉄やカルシウムなどの健康にも効果のある成分が含まれていたり、美容にも効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が含まれている物があったり、オールインワンサプリと言われるような上記すべての妊活と美容健康が1種類の妊活サプリで摂取できる物があったりと、妊活サプリそれぞれに特色があります。

ネットでの高い評判や口コミなどで効果があると言われている妊活サプリは、どの妊活サプリも専門家が各成分をバランス良く摂取できるように研究し製造していますが、本当に妊活に効果があるのか?効果を実感するためには最低何ヶ月継続しないといけないのか?を調べてみました。

妊活サプリは本当に効果があるのか?

妊活サプリは効果があるかは個人差があります。絶対に効果があるとは言えません。

しかし、妊活サプリでよくメインの成分として含まれている葉酸に関しては、厚生労働省や産婦人科学会も妊活中からの摂取を推奨しているほど効果の高い成分です。

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、種類が2種類あり、食物から摂取できる天然葉酸のポリグルタミン酸型葉酸と妊活サプリなどのサプリメントから摂取できる合成葉酸のモノグルタミン酸型葉酸があります。

厚生労働省や産婦人科学会で摂取が推奨されている葉酸はサプリメントから摂取できる吸収率が良い合成葉酸のモノグルタミン酸型葉酸で、毎日400μgを摂取が必要です。

葉酸には胎児の先天性の障がいである神経管閉鎖障害のリスクを下げる働きがあり、その効果は研究によっては8割も減ると発表されています。

葉酸の摂取は妊娠が分かってから慌てて摂取するものではなく、妊娠を望んでいる妊娠前から摂取することで、卵子が受精し受精卵が細胞分裂を活発にする大事な時期に葉酸の働きが期待できるため、葉酸の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果を最大限にすることができます。

その点では、葉酸を毎日推奨摂取量の400μg摂取できため、妊活サプリは健康な赤ちゃんを授かるための妊活に効果があると断言できます。

また、その他の成分に関しても普段の食事では摂ることが出来なかったり少ししか摂れない成分でも、妊活サプリだと専門家がバランス良く配合した成分を毎日効率良く摂取できるので、すべての人に絶対に効果があるとは言えませんが、何もサプリメントを摂らない生活をするよりも妊娠しやすいからだ作りの妊活にも、毎日健やかに生活するための健康にも、若々しく綺麗にいるための美容にも効果が期待できます。

毎日からだに良い妊活サプリを飲んでいるという事実はからだ本来の力を引き出すプラセボ効果(プラシーボ効果)も期待でき、身体的にも精神的にも妊活サプリを飲むことで良い効果が期待できます。

妊娠しやすい体に体質改善するには最低何ヶ月かかる?

人の細胞は毎日毎日絶えず活発に生まれ変わりを繰り返しています。一気に全て変わっていくわけではなく毎日少しづつ少しづつ変わって新しい細胞になっていくのですが、体の部位ごとに生まれ変わるターンオーバーの期間がそれぞれ異なります。

サイクルが短い小腸だと約2日と早く、長いものだと骨で年単位になります。毛周期やお肌だと1ヶ月ごとで全ての細胞が変わると言われており、妊娠するために大切な血液だと約4ヶ月で全て新しいものに変わります。

また、卵子が排卵され受精卵が着床する子宮だと毎月の月経サイクルで子宮内膜が増殖して厚くなったり、増殖した子宮内膜剥がれ落ちる生理で日々変わっていきます。

そのためからだのターンオーバーなどを考えると、ホルモンバランスが良く妊娠しやすい健康的なからだには最低でも3ヶ月、出来れば半年は見ておいたほうが良いと考えます。

数日数週間妊活サプリを飲んで合わないとすぐに辞めたり、他の妊活サプリに変えるよりも最低でも3ヶ月、出来れば半年は同じ妊活サプリを飲み続けて様子を見ることをおすすめします。

まとめ

妊活サプリによく含まれている葉酸は胎児の先天性の障がいのリスクを大幅に下げる効果が研究で認められているため、産婦人科学会や厚生労働省でもその効果を最大限に享受するため妊娠前からの摂取を推奨しています。

葉酸以外の妊活サプリに含まれる成分は、からだを内側から変えるために専門家が研究しブレンドした成分ばかりなので、飲んで数日というようにすぐには効果が出ないかもしれませんが、毎日継続的に飲んで健康的に妊活が成功しやすいからだに変えていくことが期待できます。

妊娠しやすいからだ作りに効果があるのかはからだのターンオーバーの期間を考えると最低でも3ヶ月、出来れは6ヶ月は妊活サプリを飲み続けて様子を見てください。